三千草猫日記

猫ときままなみちくさつづり

ロハスフェスタ万博2018 Spring 出展終了!

4/22(金)~4/22(日)の3日間、

ロハスフェスタ万博2018 Spring 1st、

『猫と切り子と縁側と』へお越し下さった皆様、ありがとうございました!

期間中はお天気に恵まれ、4月というのにまるで初夏の暑さに。

昼間は時に強烈な突風で商品が飛んだりしました。その度に商品の配置換えをして・・それも楽しみの一つ。(笑)

ブースのコーナーでは保護猫さん達の”猫あるある”コメント入りパネルを展示しました。お立ち寄りくださった皆さん、やはり真っ先に目に入るのは、ご自身の身近な猫さんに似た毛色の子たちで、それぞれの命のストーリーを思い出されているご様子でした。猫仲間さんが、昨年旅立ったうちの猫写真を傍に配置して下さったので尚更そう思うのかも、です。

『猫さんの暮らし方相談会』では例えば、”ハエを捕って食べるのだけれど大丈夫?”などなど様々なご質問も飛び交いました。ハエは小さく、食べても胃酸で消化されると思います。猫さんはかわいくても捕食動物。動くものについつい反応してしまうハンターです。これからの季節は猫さんのハンティング本能を刺激する小さな生き物たちの活動シーズンです。”こんな生き物食べちゃいました”と氣になる場合は、かかりつけの獣医さんに尋ねてみることをお勧めします。21日(土)13時からは南大阪でTNR医療支援や保護動物への医療支援をなさっているエイベットのスタッフさんをお招きして専門家の視点から深~い相談会になったのでは、と思います。

チャリティコーナーのお話は、次回ご紹介いたしますね!

お立ち寄りくださいましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

ロハスフェスタ万博1st、今日からです!

ロハスフェスタ万博 2018 1st,

本日から3日間、万博公園・東の広場で開催です!

ねこばなしに、ふらりとお立ち寄りください。

会場で、おまちしてますのにゃ!

※気温が上がる見込みです。

ご来場の際は暑さ対策をお忘れなくお越し下さい。

出 展 名:猫と切り子と縁側と』 ブース番号 126
出展期間:1st 2018年4月20日(金)~4月22日(日)の3日間
開催場所:万博公園・東の広場
開催時間:9時半~16時半(16時までにご入場お願いします。)
入場料金 :350円(小学生以下無料)
※別途公園入園料(大人250円・小中学生70円)が必要
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介助者1名無料
雨天決行 *荒天により、中止になる場合がございます。

福嶋吾然有さんのポストカード

今週末のロハスフェスタ万博2018 Spring 1st

4月20日(金)・21(土)・22(日)

ロハス2017年»åƒ

『猫と切り子と縁側と』ブース№126では、

福嶋吾然有さんの猫ポストカードに会えます!

生駒市の保護猫カフェ “Dear Cat” さんのご厚意で

お預かりすることができました。

ディアキャットメッセージ

オーナーさんの熱いメッセージです!

福嶋さんポスカ

ポストカードの売上金は全て、

保護猫カフェ”Dear Cat”さんに居る

猫さんのために使わせていただきます。

福嶋吾然有さんの描く猫は、私も大好きなのです。

うふふ♡

限定200枚の1枚1枚に値札を貼る間しあわせモード全開でした。

皆さんもぜひ、幸せの1枚に会いに

ふらっとお立ち寄りくださいね~♡

 

ロハスフェスタ万博 2018 Spring 基本情報

期間:4/20(金)・21(土)・22(日)

時間:9時半~16時半 (入場は16時まで)

場所:万博公園・東の広場

会費:350円(小学生以下無料)別途公園入園料 大人250円・小中学生70円が必要です。

障がい者手帳をお持ちの方ご本人と介助者1名無料。

雨天決行 ※荒天により中止となる場合がございます。

義母の帰還

桜2018a

昨日のぽかぽか陽気の中、

義母が約5ヶ月ぶりに介護施設から自宅へ戻ってきた。

迎えに行ったときには杖を使いつつ自力で歩けたのだけど

自宅に着いたとたん、自力で歩けなくなった。

嫁いでからの思い出がいっぱい詰まった我が家を前に

ほっとして力が抜けてしまったのかも知れない。

家までの道の桜もおかあさんの帰宅を喜んで待っていてくれたよ。

おかえりなさい、おかあさん。

 

 

 

 

 

 

 

『血液検査表の見方を勉強するワン、ニャン会』

昨日は午後からペットライフネットさん主催のセミナーに参加しました。

人のお医者さんであり、ご自身も犬と暮らす吉川眞由美さんをお迎えしてのお勉強会。

 

当日の持ち物は、動物病院でもらったしっぽのある家族の血液検査票と自分自身の血液検査票。これをもとに基準参考値から高い・低いで疑われる問題点や病気をみていきました。

吉川さんは教壇に立っておられることもあり、お話が分かりやすくて楽しかったです。

機会があれば次回もまた参加したいと思えるセミナーでした。

セミナー会場の『BAR MIL(バルミル)』さんは、大阪 昭和町にあるスパニッシュ・バルで夜はフラメンコのステージもあるようです。フラメンコ、一度観たいなぁ。

ペットライフネットさん、また『BAR MIL』さんで楽しいセミナーお願いします!(笑)

 

 

 

 

オレンジ・リング

このオレンジのリングを街で見かけたことはありますか?

認知症サポーター

図書館や区市町村の役所、あるいは駅、銀行などで

職員さんがネームプレートに付けておられたりします。

オレンジリングは認知症サポーターの証です。

認知症サポーターは、何か特別なことをするのではなく、

住所地自治体が開催する”認知症サポーター養成講座”を受けて、

認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る人のことです。

オレンジ色のロバの名は”ロバ隊長”

認知症サポーターキャラバンのキャラクターです。

なぜキャラバン(隊商)の隊長がラクダではなくロバなのか?

ロバは、”あせらずゆっくりと、でも着実に前へ進んでゆく”

から・・と聞きました。

現在、認知症の高齢者は、65歳以上の約15%、

MCIと呼ばれるまだ認知症ではない軽度認知障害は

約13%、合わせて30%くらいになります。

認知症は色々な原因で脳の細胞が損傷を受けたり、働きが悪くなることで、記憶する、言葉を使う、問題を処理する、といった認知機能の低下により、日々の生活に”しずらさ”が出てくるものです。

身近な人の中にも悩んでいる方がおられるかも知れません。

相談窓口としては、かかりつけ医、地域包括支援センター(各自治体のほぼ中学校区ごとにあります。)などがあり、”認知症の人と家族の会”も各都道府県ごとに支部があります。

先ずは、お住まいの自治体が開催している『認知症サポーター養成講座』を受けて、認知症に対する正しい知識を得るのも良いかな、と思います。

 

お読みくださいましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

3月26日・ミーナの誕生日

今日、3月26日はミーナのお誕生日。

『来年も一緒にお誕生日をお祝いしようね!』

そう言ったときにすごく寂しそうな表情をしたよね?

気づかないふりして年齢ネタでごまかしたけど

今思えば、お互い予感はあったのかな・・

これからもずっと、3月26日はミーナのお誕生日、

大切な記念日だよ。

あせび